忍者ブログ
たまにロボットを考えるブログ・・・。
 大きさと丈夫さについて考えよう。

物理量はメートル、秒、キログラムです。
体積はメートル・メートル・メートルです。
密度は(キログラム)÷(体積)です。

体重を支える部分のパーツはながさL(メートル)と厚みD(メートル)があります。
適当にロボットの大きさの幅はS(メートル)とすると、L(メートル)はS(メートル)に∝します。
そして、ロボットの重さはM(キログラム)とすると、M(キログラム)はSSS(メートル・メートル・メートル)に比例します。そしてM(キログラム)はLLL(メートル・メートル・メートル)に比例します。

パーツにかかる圧力P(ニュートン÷(メートル・メートル))は、パーツの断面積A(メートル・メートル)に反比例し、ロボットの重さM(キログラム)に比例します。つまりM÷(DD)です。
圧力が大きくなるとパーツは壊れます。

素材がおんなじである場合、壊れないためには重さM(キログラム)と断面積A(メートル・メートル)は比例しないといけません。

ということは

断面積A(メートル・メートル)すなわちパーツの厚みDD(メートル・メートル)とパーツの長さLLL(メートル・メートル・メートル)は比例しないといけません。
つまりD(メートル)はLl(メートル・メー)に比例しないといけません。そうでないと壊れます。

ということは

大きさが百倍のロボットを作るときは、パーツの長さが百倍で、厚みは千倍必要になります。

おーこいつはたいへんだ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Adel
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1989/09/17
職業:
会社員
趣味:
モチベーション探し
自己紹介:
ロボットつくるのが夢
ブログ内検索
カウンター
君は何人目かな
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[06/22 fake serpenti watch bvlgari]
[06/22 where to buy hermes clic clac bracelet faux]
[04/09 blacklab]
[02/16 オイルマン]
[09/11 M.A(CIT)]
最新トラックバック
コガネモチ
忍者AdMax
アクセス解析
忍者ブログ [PR]