忍者ブログ
たまにロボットを考えるブログ・・・。
最近のパワードスーツは微妙な縛りがあるんだな。
それと、代表選手?
イギリスかぁ、昔はネオイングランド代表っていって、ジョンブルガンダムを3年連続優勝に導いた、ガンダムファイト史上最強のファイターとうたわれる、「ジェントル・チャップマン」がいたわけですが・・・。
「戦いとは非情なものだ・・・、勝つ者がいれば、負ける者もいる・・・。」
「あんな若者が、ガンダム乗りとは、時代は変わったな・・・。」
かっこよかったなぁ。
時代は変わってしまったようです。



明日は2コマ目から、授業です。
今回は「医療用ロボット」と題しましてプレゼンします。
メインはダビンチになるようです。

でもって、いろいろ調べていると、2000年ぐらいから盛んに資料がまとめられるようになったようですね。ほんとに最近ですね。
面白いです。
たとえば、操作ボックスとカメラロボットと手術ロボットが3台セットでシステムとなっています。
遠く離れた所からお医者さんがカメラの画像と手元のマスタースレーブか何かで、操作するわけです。
手術はなるべく低侵襲でやらないといけない。というか、それが望ましい。
ですがあんまり切り方がしょぼいと作業にならない。
そこで、ちょっとした穴から、カメラとか、針とかメスみたいなものが入って、人間は外で作業するとうまくいくわけですね。

まあ、そんなうまくも行かないのでしょうけども。



ところで、こういうようなSFに出会ったことがないような気がしませんか?
人が寝てて、ロボットアームが動いていたら、間違いなくサイボーグになってますよね。
がんの切除なんか絶対やってないですよね。
SFで治療ってい言うと、酸素ボックス見たいのに入って寝てるとテキトーに治ったりしますよね。
自己治癒力とかを高めたりしているのかな?

つまり、割と想像しにくいものだってことだと思います。
患者さんとか、家族の方に受け入れやすいものかというと、そうでもないように思えます。

これからもあんまり発展するとはとても考えられません。


だれかテキトーな小説・漫画とかあったら教えてほしいですね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Adel
年齢:
27
性別:
男性
誕生日:
1989/09/17
職業:
会社員
趣味:
モチベーション探し
自己紹介:
ロボットつくるのが夢
ブログ内検索
カウンター
君は何人目かな
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[06/22 fake serpenti watch bvlgari]
[06/22 where to buy hermes clic clac bracelet faux]
[04/09 blacklab]
[02/16 オイルマン]
[09/11 M.A(CIT)]
最新トラックバック
コガネモチ
忍者AdMax
アクセス解析
忍者ブログ [PR]